伊方町観光交流拠点施設 佐田岬はなはな

伊方町観光交流拠点施設 佐田岬はなはな

地域にすでにあるものをつなぐZEB

愛媛県伊方町、佐田岬半島の先端近くに建つ交流拠点施設の計画である。公募型プロポーザルを経て、 私たちの提案が選定された。敷地は、大分県佐賀関と伊方町三崎を結ぶフェリーターミナルに隣接している。町内で生産・収穫した海の幸や山の幸を、旅行者が気軽に楽しめる直売所や飲食店舗に加え、地域住民が普段から利用できるカフェ、 公民館のような機能を持つ多目的スペース、ギャラリーなどが求められた。 目の前には宇和海の雄大な風景が広がり、背後には三崎の山々と集落が広がっている。この風景は佐田岬半島の海と陸が延々と絡まりながら東西に続く「ひだ」状の独特な地形によって生み出されている。南海トラフ巨大地震などに備える津波対策として護岸のかさ上げ工事が行われ、グランドレベルから宇和海への視界は絶たれ、「自然」と住民の「暮らし」が分断された。敷地には既存の建物があったが、広大な敷地の中で点として存在し、隣接するフェリーターミナルとも集落とも、うまく関係をつなぐことができていないように感じた。そのような状況でも 敷地を読み取り、宇和海の大自然のスケールと集落のスケールが同居する建築となることを目指した。

宇和海の護岸から敷地に向かって、揺らぐことがない堅牢な RC の壁をつくり、護岸のスケールを敷地内に引き込んだ。さらに 2F の床をRCで持ち上げピロティをつくり、宇和海からの海風が敷地を通り抜けるようにした。コンクリートで形成される柱と壁に愛媛県産材のスギの重ね梁で屋根をかけ、力強さと柔らかさが同居する空間を生み出すと同時に、既存建物との間に「通り」を生み出した。小さなスケールの建築がひだ状に連続しながら、佐田岬半島のような細長い一体の建築を形成している。集落から海に向かって徐々に高くなるボリュームが、集落のスケールと宇和海のスケールをつなぎ、点ではなく線状の経験を生み出す。その線的な経験の空間にカフェや多目的スペース、売店、ギャラリーが点在し、フェリーからの観光客と集落に住む人々をつなぐ。集落から護岸に向かって緩やかに地盤面が上昇していくランドスケープにより、護岸の存在感は薄まり、集落と宇和海をシームレスにつなぐことに寄与している。

また、伊方町は原子力発電所を保有している自治体である。東日本大震災以降、新しい地域エネルギービジョンを策定し、再生可能エネルギーの利用拡大を通じて、町民や来訪者の地域エネルギーに対する理解が深まることを目指している。太陽光発電、地中熱利用といったすでに敷地に内在する再生可能エネルギーを活用し、愛媛県内初のNearlyZEBの公共施設を実現している。 新しい建築を建てることを通して、そこにすでにある建築、集落、自然、人、素材、エネルギーの関係性を再編集する。分断するのではなく地域の関係性をつなぎ直す建築となることを目指した。

architecture photo 特集記事

所在地 愛媛県伊方町
用途 物販店舗+飲食店舗+公民館+ギャラリー+観光案内所
構造・規模 RC造+S造+木造 地上2階建て
建築面積 1,209.61㎡
延床面積 1,200.02㎡
敷地面積 6,616.57㎡
共同設計 カイトアーキテクツ
TEAM 構造設計:満田衛資構造計画研究所
設備設計:日本設計
外構:和想
サインデザイン:HIROMURA DESIGN OFFICE
施工:堀田建設(建築)伊方電気(ZEB)
PHOTO KENTA HASEGAWA
伊方町観光交流拠点施設 佐田岬はなはな

あるがまま交流活動センター「あるでこむ 」

Next